福岡でも人気の糸島の情報をお届けいたします。

糸島日和

未分類

糸島市が「明るい小都市」世界第3位に│MONOCLE(モノクル)

更新日:

2007年にイギリスで発行されたグローバル情報誌「MONOCLE(モノクル)」は、世界を飛び回るビジネスマンや起業家をターゲットにしています。

糸島市は、人口25万人未満の都市を対象にした調査「輝く小さな町」ランキングで、2021年の世界第3位に選ばれました。

福岡市に近いことなど多面的な特徴があり、都市生活を楽しみやすいことなど、「生活の質が高い」と評価。

糸島市は、福岡市の西側、糸島半島に位置する人口約10万人。豊かな自然が生み出す美しい景観と、玄界灘の恵みや新鮮で安全な農畜産物が豊富。

福岡市の中心部である天神や博多へ、JR線や高速道路を利用して約40分でアクセスできる利便性の高さから、近年では定住者も増えています。

また、SNSなどを通じて観光地としても人気を博しています。

糸島での生活を「最高の選択肢」として推奨している。

九州大学伊都キャンパスの開設以来、土地区画整理事業や最先端の技術やサービスを用いた複数の実証実験が行われるなど、学術・研究拠点としての発展しています。

隣接する西区の一部(元浜、今宿など)とともに旺盛な開発需要に支えられ、活況を呈しています。

イギリスの情報誌「MONOCLE(モノクル)」が実施した『輝く小さな街(Brightlights, small city)』の2021年ランキング

良いのか?汎用性がある

糸島を故郷とし、隣の福岡市に通勤している人もいれば、ここを拠点にビジネスを展開している人もいます。いずれにしても、この街は素晴らしい選択です。

福岡県の西端の半島に位置する糸島は、自然と都市生活の両方へのアクセスが良く、生活の質が高い人口約10万人の都市です。

絶好の立地条件から、糸島ブランドの豚肉や牛肉、鶏肉、有機野菜などで知られる地域屈指の農業シーンを築いてきました。

玄界灘に隣接した町で、美味しくて安い海の幸を提供しています。街を散策していると、酒屋や製塩所に出くわすことがあります。

糸島で生産されていないものは考えられません。若い農家や中小企業が栄えています。

糸島はコミュニティ意識が強く、外部の人にも開放的で、面白いビジネスを立ち上げようとするクリエイティブな人たちが集まってきます。

木工家の酒井一太さんは2011年に糸島に移住してきた。私が大学に通っていた2000年代前半は、糸島はもっと田舎だったんです。

その後、市が糸島とその工芸文化をアピールするための投資を行ったことで、糸島を訪れる人も移住する人も増えてきました。

今では大阪や東京からもバイヤーが来るようになりました」と酒井さんは言う。

糸島市の中心部から自転車で少し走るだけで、サイクリストたちはレクリエーション(またはより本格的な)旅行のために道路を開放してくれます。

海岸沿いのニギノビーチはサーファーの楽園であり、立石山は息を呑むような絶景が広がる人気のハイキングスポットです。

賑やかな福岡の街と国際空港から車で35分の距離に位置しています。

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 糸島日和 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。