ももち浜ストアで紹介│ドクターエウレカ 判断力・器用さが試されるボードゲーム

スピードと慎重さを両方求められ、手先を動かしながらわあわあと盛り上がる。

パズルゲームの「ハノイの塔」のような考え方に加え、〈試験管を逆さにしてもよい〉を利用することで意外な最善手が見つかるひらめきがあるのが楽しいゲーム。

手軽に楽しめる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとしてとておすすめのゲームです。

ドクターエウレカ (日本語版)/Dr.Eureka

『ドクターエウレカ』は、各自、自分の試験管3本内の玉の色構成が、毎回指示されるお題カードのとおりになるように、全員いっせいに、試験管から試験管へと、玉を落とさないように注ぎ移すゲームです。

ドクターエウレカ (日本語版)/Dr.Eureka

各自、手元にある3本の試験管に2個ずつ3色分の玉が入っています。 山札からめくられたお題カードに描かれたとおりになるように、全員いっせいに、自分の試験管内の玉を入れ替えるゲームです。

入れ替える際、試験管内の玉を手で触ったり、床にこぼすと、脱落〈見ているだけ〉となります。まるで化学実験をしているかのように、慎重に試験管を傾けて玉を〈注ぐ〉必要があるのです。

時には、いったん邪魔な色を別の試験管によけておいて…といった段階的な移動が必要です。

2〜3個入っている試験管から1個だけを移すのも容易ではありません。 また、色の並びは試験管を逆さにした状態でもOK、いきなり手を動かし始めるよりも、あらかじめ、よく見て考えることでたった1〜2個の移動で完成できるかもしれません。

いち早く完成できたら、古代ギリシャのアルキメデスよろしく「ユーリカ!」と叫んで、ご褒美としてお題カードを貰います。 こうしてゲームを続けていき、お題5枚分をいち早く達成できた人が勝ちです。

4,460円 送料無料

価格は常に変動します
Amazonはコチラから↓ ↓ ↓

ドクターエウレカ

全員いっせいに、自分の手元の試験管から試験管へと、中の玉を落とさないようにして注ぎ移し、いち早く3本内の色構成が指示されたお題カードのとおりにするゲームです。

タイトルとURLをコピーしました